ご飯大好き♪

fukugohan.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

助産院でのごはん1

入院当日の晩ご飯はこれです。
c0060272_544123.jpg

・玄米おにぎり(昆布入り)
・おでん
・金平ごぼう(ごまたっぷり)
・海藻ミックスときゅうりの酢の物

2日目
朝食
c0060272_5534571.jpg

・十穀飯
・みそ汁(じゃがいも、にんじん、たまねぎ)
・納豆
・キャベツとにんじんの煮浸し

昼食
c0060272_559754.jpg

・玄米おにぎり(塩昆布・おぼろ)
・そば粉のお焼き(ひじき煮・キャベツ千切り)しょうゆ味
・寒天(三杯酢)

夕食
c0060272_683134.jpg

・玄米飯
・れんこんまんじゅう・おろしあんかけ
・ごぼうと筍の金平
・わけぎと厚揚げのぬた

とにかくボリュームたっぷりです。

プラス夜食として
・玄米おにぎり
・ハーブティー
が出ます。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-27 06:19 | 食べもの

なんと入院中に・・・!?

お世話になった助産院の入院期間は出産日を含めて6日間でした。
ご飯は有機野菜を使った玄米菜食(朝のみ雑穀飯)でおいしくて助産師さんもみんなやさしくって快適でした。部屋も6畳の和室でダブルサイズの布団で子供と一緒に寝れてしあわせ・・・。夜中なども、あかちゃんが泣いていたら夜勤の助産師さんがすぐに来てくれて、おっぱいのあげ方やちょっとしたアドバイスをくれたりときめ細やかなサービスっぷりでした。

さて、次の日の午前中に退院する事になっていた、5日目の16時ごろ、寒気がしだして頭も重たかったので、「もしや・・・}と思い体温を測ると 37度。とにかく横になろうと思って寝ていたけれど寒気は増すばかり。17時に再度検温すると38度に!!!院長に見てもらうと、

「乳腺炎かも・・・。」

「かも・・・。」というのは、入院中に乳腺炎になる人はほとんどいないからです。
確かにおっぱいパンパン。悪露も異常なし
風邪でもない。と、言うことは乳腺炎だろう。ということだったからです。
熱を下げるためにおっぱいマッサージ(詰まりを取り除くためもみほぐすのでかなり痛い)して乳を搾りだした後、キャベツ湿布(おっぱいを冷やすためにはこれが良いらしいです。熱の伝わり方が程良く冷やし過ぎないそうです)をして、氷枕で頭を冷やしたものの熱は9時頃には38.9度まで上がってしまいました。この日の夜勤は院長先生だったので、夜中まで忙しい中を何度もマッサージして頂きました。詰まりはほとんどとれているのに熱が下がらず、朝の4時頃にようやく37.6度に!!!6時には37.1度になり、7時には平熱に・・・。熱でクラクラになっている間温大にもおっぱいを吸ってもらって助けてもらってました。

それにしても、こんなに早く乳腺炎になってしまうとは・・・!!!
何年かぶりの高熱でしんどい思いをしたけれど、この経験のおかげで、どんなおっぱいの張りが危険かという事がわかって気をつけるようになったし、授乳前後のマッサージはしっかりする様になりました。
乳管がスムーズに通っておらず、温大も吸うのが上手でないのに乳が生産過剰になったせいで炎症をおこしたのでしょう。
あ~えらかった。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-26 16:26 | こどもかんけい

日付が変わるあたりが・・・

ソラハハ曰く
「おっぱいこうげき」
温大は生後すぐから3~4時間間隔で、やりやすい子の様です。
どんなはるとっとですが、何故か日付がかわる辺りはいつもぐずぐず・・・。
もしや潮が引くのと関係が!?今日は21時50分に授乳を始め、いったん寝始めたけど、おしっこ→おっぱい→おしっこ→おっぱい→うんこ→おっぱい→乳吐き&おしっこ(この時1時30分→抱っこ後添い寝(一緒に寝てしまい、起きたら3時。オリンピック見ました。) 毎晩この時間は おしっこ→おっぱい の繰り返しなのでいっきに洗濯物が増えてしまいます。自分の家に帰ったときのために、先日小型洗濯機をネットで注文してしまいました。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-22 07:19 | こどもかんけい

温大(はると)誕生!!!

c0060272_2122682.jpg
すでに携帯から送信して報告のみはしていますが、2006年2月10日(金)19時04分に2,560gの男の子を出産しました。
簡単に出産の時の様子を報告します。
8日朝5時過ぎにトイレに行った時おしるし。その日はお腹が張る程度でなにもなく過ぎるが、夜のうちに実家に移動。
9日午前中も状態変わらず。午後から前駆陣痛が始まる。一日中家にこもっているのも退屈なので、散歩にでかけたりして過ごしました。
午後10時過ぎから7~10分刻みの陣痛になるがなかなか5分刻みにならず、朝方まで実家でろくに眠れもせず過ごしました。。
10日朝5時半ようやく5分を切る陣痛に変わり、助産院へ電話して6時に入院。この時点で子宮口2~3cm、子宮口も柔らかく薄かったので「す~っと出てきたらいいな」と思ってました。。
9時45分子宮口は全開大に。ここまではとてもスムーズにすすんだのでした。でも、その後、いきめどもいきめども温大は降りてこない・・・。院長はこの日南淡町で講演の予定があり、一時外出。残った助産師さん3人での対応となったのです。
時間はどんどん過ぎてあっという間に夜に。お産の部屋に移動してからやく9時間半、この間休みなく私の足や背中をさすってくれた母も疲れはピークをとうに過ぎていました。5時半頃に大急ぎで戻って来てくれた院長の誘導でスピードアップ。子宮口を出た頭は骨盤を越え、外界に見え隠れする様に。
「頭が見えてきたよ、さわってみて・・・。」との声かけに手を伸ばすと丸い毛の生えたなまぬるい感触が指に伝わってきました。
「ここまでがんばって降りて来たんやから、何としても出来るだけ早くだしてあげないと!!!」
時間がかかって、さすがにヘトヘトになってちゃんと出てくるのか、もしあかんかったら・・・と何度も何度も不安になりました。同時に少しづつだけど降りてきている温大にも申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
さあ、頭が見えてきたら後少し。院長の誘導にあわせていきむ、こらえて陣痛を逃して力を抜くという行程を繰り返し、ついに頭が全部出て来ました!ここからはあっという間で、スルスルっと足まで出たのが19時04分。取り出された瞬間私はもちろん、母も旦那も涙が止まりませんでした。
旦那は前日一緒に実家に泊まり、朝時間の許す限り一緒にいてくれて昼休みも来れて、2回とも『帰って来るの待たんでええからな・・・。』と言い残して仕事へ向かったけれど、温大が頭が全部出くる直前に戻って来ることができました。
まるで温大はお父ちゃんが戻ってくるのを待っていたかの様でした。

温大は体重の割に頭囲が34cmと大きく(縦が長い)、そしてへその緒が1重絡んでいました。そんなわけで、なかなか降りてこなかったそうです。母体と自分自身を痛めない様に出てきたのでしょう。
お世話になった助産院は「ナチュラルバース」なので強引なことはせずギリギリの所まで出来る限り自然な出産をさせる事を優先させるけれど、もし病産院ならそうとう強引な事をされたのではないかと思うとぞっとします。
確かに長時間で体力は消耗し、危険な事が起こる可能性が高い出産だったかもしれないけれど、多くの人に助けられ、旦那や実の母に見守られた出産をすることが出来て幸せでした。

今横で寝ている温大は、この世に出てきて8日。食欲旺盛で順調に育ってきています。春が来て一緒に花見に行きたいな。
c0060272_212566.jpg

[PR]
by tamafuku | 2006-02-19 02:13 | こどもかんけい

ありがとうございます。

2月15日に退院して実家にお世話になっています。
昨日(もう一昨日か!?)ようやくパソコンをつないで、今自分のブログをに確認しました。
みなさま、たくさんのコメントありがとうございます。
お返事できなくてすみませんm(-_-)\。
そして、これからしばらく書き込み&コメントのお返事が遅くなると思います。産後最低3週間は目に負担をかけると後々良くない事があるそうです。出産記、入院中の出来事はぼちぼち書き込んでいきたいと思います。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-19 02:10 | こどもかんけい

無事に出産

c0060272_1757356.jpg

昨晩19:04男児誕生!2,560gと小粒ですが、心身共に大きく育つ事を願います。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-11 17:57 | こどもかんけい

ついにか・・・!!!

今朝方いわゆる『おしるし』があった!!!
まだまだと思ってたから 
 「・・・(゜o゜)”””!!!」
でした。

でもお腹が張ってるだけで、未だ陣痛なし。
旦那が帰ってきて夕飯食べたら実家に行って待機です。
しばらく書き込みできないかもしれません。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-08 20:28 | こどもかんけい

検診日

今日助産院で検診してきました。NST(ノンストレステスト)をしました。30分間胎児の心拍数と子宮収縮を記録して、おなかの中の胎児が元気であるかどうかを判定するそうです。うちの子はドンと動いて静かになってまたドンと動くといったメリハリのある動き方でした。

「蹴られると痛い位ですか~?。元気ですね(^^;)」

と助産師さん。

師っ匠、ご安心?を。
まだ位置は下がりきっていないそうです。でも急に来たりする事もあるし、個々で違いがあるので何とも言えないとも。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-07 19:17 | こどもかんけい

摘みたてほうれん草

旦那さんが師っ匠宅から頂いてきた摘みたてのほうれん草。おかみさんより、まだ若くて葉も柔らかいので

『生で食べてね。』

とのこと。さっと洗って味付けなしで葉を食べてみました。
甘さに感激♪
数枚つまみました。霜にあたって甘さが増しているのかな?
夕飯には玉ねぎのスライスとベーコンと卵を炒めたものを加えて、かぼす&ポン酢のたれでサラダ風に頂きました。ごちそうさまでした!!!
c0060272_12155030.jpg

黒く見えるのは、黒胡麻です。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-06 12:15 | 食べもの

おさんぽ

風邪も回復してきた様なので血の巡りを良くしなければと、午後4時間ほど(長っ・・・!)散歩してきました。
自宅から南下して帰りは新開地から神鉄で帰ってきました。携帯も持たず(というか持って出るのを忘れた)お気楽ぶらぶら。節分の買い物も出来たし体も温まったし出かけてよかったです。

ところで・・・
2/2位に出てきてくれたらいいな~と思っていたけれど風邪をひいてしまったのでまだ少しお腹にいてちょうだいね。
お腹が軽く張る頻度が増えてきて夜中も何度も起きてしまうので
『ぼちぼちかも(゜o゜)~』
と思っております。わからないけどね。
[PR]
by tamafuku | 2006-02-03 18:23 | そのほか