ご飯大好き♪

fukugohan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

退院しました

c0060272_1627374.jpg

今日無事に退院しました。
温大は乗っかってきたり、おっぱいのときに乗りかかってきたりなかなか大変ですが、頑張ります。両親の手助けを全面的に受けれる幸せな環境なのでしっかりやらないと~。
しばらく、環境にみんなが慣れるまでバタバタしていると思います。返信や更新が遅くなりそうですが、勘弁してください。
[PR]
by tamafuku | 2008-10-30 16:27 | こどもかんけい

とうちゃんと積み木、プラレール

温大は昨晩父ちゃんと遊び、ご機嫌でした。
興奮しすぎたのか、夜寝た後に何度か大泣きして布団の周りを徘徊・・・。
このところ、きかん坊の2歳児です。小さいなりに葛藤があるのでしょうか。
c0060272_1753641.jpg

分解してしまったプラレールを組み立てようとしているところ。
c0060272_1762092.jpg

手伝おうとする私の手を振り払い、格闘すること20分。。。
c0060272_7463150.jpg

なかなか根気あります。
最後は私が組み立てたのですがね。
[PR]
by tamafuku | 2008-10-24 17:07 | こどもかんけい

今日はCTで脳の発達を見る検査

午後4時よりCTで脳の発達を見る検査なので3時には薬で眠らすと聞き、2時に病院へ行っておっぱいをしました。
今日から『自立授乳』だそうです。
今まで時間と量を決めて授乳していたのですが、これからは泣いてお乳を欲しがったら上げる方式に切り替え。搾乳母乳はあればあるだけ持ってきてくださいと言われてちょっとビビッています。。。(あと1週間、1週間・・・。)

病室に入ったときは寝ていたのですが、オムツを替えたら起きて泣き始めたので、大急ぎでおっぱい。その後しばらく起きていました。
久しぶりにしっかり目を開けたところが撮れました。
c0060272_170572.jpg
c0060272_1712662.jpg

[PR]
by tamafuku | 2008-10-24 17:01 | こどもかんけい

保育器からでることができました

千晴の退院日(予定)が決まりました。今月末、30(木)です。
21(火)朝保育器から出ることができ、次の日からおっぱいで授乳することが出来るようになりました。千晴は上手におっぱいを吸ってくれました。
マナさんで、永原さんをはじめ皆さんに十分すぎるくらいおっぱいケアをしていただいたおかげで、カチカチになることなく日増しに搾乳量が増えています。(手絞りでがんばってます~。)

18日振りの抱っこ、そしておっぱい。言葉ではうまくあらわすことが出来ないのですが、こみ上げてくるものをおさえることが出来ませんでした。
本当はもう少し早く帰ってこれる状態みたいなのですが、聴力検査、脳の発達を見る検査(CTで見るそうです)をしてくれるそうで、その検査日程の具合で退院日が来週木曜日になるそうです。
c0060272_7362287.jpg

[PR]
by tamafuku | 2008-10-24 07:36 | こどもかんけい

ずい分とよくなってきたようです

呼吸器が外れ、数日前から口から搾乳母乳の母乳瓶摂取が始まりました。まだ保育器の中なのでおっぱいは直接あげれません。保育器中の酸素濃度は2日前27%だったのが昨日は23%でした。鼻から胃へ通してある管もはずれむくみも取れてきて、ずいぶんすっきりとした顔になってきました。退院まであと1週間~10日くらいかかる見込みとのことです。
哺乳量が日増しに増えていっているので、私はせっせと乳搾り(;´Д`)。マナさんで産後十分ほぐしてもらったおかげで乳管が貫通して乳の出はよいです。どうしたらお乳が出やすいかとか考えて搾ってます(´艸`)。食べたらよい、搾ればよい・・・だけではないのですね。おもしろいです。科学です☆

c0060272_1223740.jpg
c0060272_12235198.jpg

[PR]
by tamafuku | 2008-10-20 07:53 | こどもかんけい

呼吸器外れる!

昨日午前10時に呼吸器が外れました。
私が面会に行った12時頃はまだ呼吸もしんどそうでしたが、夕方旦那さんが行ったときは少し落ち着いてきていたそうです。
また、一歩前進です。
[PR]
by tamafuku | 2008-10-14 08:17 | こどもかんけい

順調に回復しています

毎日面会に行ってます。
段階的に人工呼吸器の酸素濃度を下げていっており、今日はなんと28%!(外界の酸素濃度は20%)
明日にでも呼吸器を外すとのこと!☆
うれしいです。
睡眠薬も点滴をやめており、時々目を開こうとしています。
動きが活発になってきて、元気な様子がうかがえます。お腹の中で常にわたしのあばら骨を蹴って、わき腹をこそばしていた千晴。保育器の中でどれだけ収まっているか・・・。
未熟で産まれて保育器に入っている赤ちゃんが多い中、成熟児の千晴の大きさは保育器いっぱい。

入院して1週間は長がく寂しさがこみ上げる日が続きましたが、ここ数日はそうでもありません。
病院のベビー室の看護師さん、ドクターは皆さん心ある方です。24時間たくさんの方に見守られていることに感謝です。
[PR]
by tamafuku | 2008-10-12 19:19 | こどもかんけい

山場越える☆

ご心配をおかけしております。
今日昼前に面会に行きました。
一酸化窒素の吸引がなくなっていました!
酸素濃度が65%になっていました!

先生が
『山場は越えました!(グー☆のマークを指でつくる)』
と明るく答えてくれました。

これから少しづつ酸素濃度を下げて目を覚まさせていくそうです。
おっぱいを麺棒にふくませて口に入れる事も出来るようになりました。
私も元気がでてきました!
[PR]
by tamafuku | 2008-10-10 17:55 | こどもかんけい

ばかうけ

ねんね前の絵本読み聞かせで、初めて
『あおい目のこねこ』
を読みました。
c0060272_2195651.jpg

c0060272_2202279.jpg

寝かせるどころかページをめくるたびに大笑い(-_-;)
特に、1章ごとの
『1のまき』 『2のまき』 『3のまき』・・・・・・。
のところでお笑い。
まあまあの長さのお話なのに、2回読むことになりました。
時間も遅かったので、2回で切り上げ。
『もうねんねやで。』
と言って強引に消灯。
本人も納得したのか、今日は素直に眠りについてくれました。

温大はなかなか絵本好きです。
気に入ったお話なら 4~5歳レベルの長めのお話でも熱心に聞いています。
我が子ながらなかなかの集中力です。
これからもいっぱい読んであげたいです。
[PR]
by tamafuku | 2008-10-08 02:20 | こどもかんけい

待ってるよ千晴。只今肺のリハビリ中

今日お昼前に2回目の面会に行ってきました。
搬送時の病名とは違い、「新生児遷延性肺高血圧症」という深刻な病気でした。
新生児遷延性肺高血圧症は、胎児期の胎盤呼吸から肺呼吸への切り替えが正常に起こらないために、
肺血管の血圧が下がらず、肺への血流が滞り、顕著な低酸素症が生じる病気だそうです。
通例、生産児1000人に1~2人が発症するらしいです。入院先の病院でも1人/2ヵ月位の患者数だそうです。

穏やかな顔して眠っていました。
感染症のキケンもないとの事で、手で触れることが可能です。(早く抱っこしたい。)
話しかけるとむずむずっと動きます。
本当はお腹の中で聞いていたであろう歌を歌ってあげたいのですが、胸がいっぱいで出来ませんでした。
鼻歌でワンフレーズ・・・。それが精一杯でした。
生まれてから一度も沐浴することもなく、裸んぼうのまんま管がつながれている我が子を見ると胸が痛みます。でも仕方ありません。
たくさん話しかけてもらった子の方が回復が早いと聞きます。
お腹の中では私の話し声、怒鳴り声、歌声、温大やお父ちゃんの声などなど・・・いっぱい聞いていたに違いありません。
急に機械音ばかりの環境に移ってどうした事だろうと思っているのではないでしょうか。
出来れば毎日行って話しをしたいのですが、私も産後5日目なので無理は禁物です。
職場が近いこともあり、旦那さんが毎日行ってくれているのでありがたいです。

さて、現在千春は眠っている状態で、人工呼吸器をつけています。
(↓旦那さんのblogより拝借)
c0060272_214898.jpg

酸素濃度100%から始めて徐々に濃度を下げていき、外界と同じ20%まで落としていきます。
現在は一酸化窒素もあわせて吸引して肺血管を拡張させて呼吸を行っています。面会に行ったときは酸素濃度90%でした。
夜に旦那さんが行ったときは85%に落としてあり、呼吸も安定していたそうです。
今後、
・ 一酸化窒素吸引を止める。
・ 酸素濃度を20%にする。
・ 目覚めさせる。
・ 人工呼吸器をはずす。
という治療の進め方だそうです。
慎重に、ゆっくりと確実に進めていかなければ元に戻る力が働いてしまい、今までの努力が水の泡・・・。知らないように、気付かれないように、そ~っと行っていかなければならないそうです。根気のいる治療です。

千晴のお産は全く正常でした。
出生後すぐに私の胸の上でしばらく過ごし、初乳も飲みました。
この「カンガルーケア」のおかげで、きっと体内の善玉細菌が増殖して免疫力も高まっているので回復の助けになるのではないかと。。。
c0060272_2352.jpg
c0060272_232653.jpg
c0060272_233747.jpg

千晴の事を考えているとついつい胸がいっぱいになって一日に何度も涙がでてしまう毎日ですが、待つ他ありません。

『ないと~ぉ? だいじょうぶ?』
『うん、大丈夫。』
という温大とのやりとりが一日何回か繰り返されています。
毎日元気いっぱいの温大、ありがとう!

お産が終わった直後までは、こんな事態になろうとは考えもしなかったけれど、入院となったために多くの方々の手、愛情につつまれて育っていくことが出来ている。これから成長してく上で肥やしになるに違いない!千晴にも家族にも。

おかあさんは待ってるからね。
[PR]
by tamafuku | 2008-10-08 02:07 | こどもかんけい